東京ランチ食べ歩き

東京近郊の気になるランチ・スイーツのお店巡り

「つじ半」鯛だし茶漬けにもできる神楽坂の行列ができる海鮮丼ランチ

美味しそうなランチスポット巡りが好きな「たまジロー」です。

 

今回は神楽坂にある海鮮丼屋さん「つじ半神楽坂店」にランチで訪問してみました。

つじ半(神楽坂の海鮮丼ランチ)

 

「つじ半神楽坂店」は、神楽坂にある海鮮丼屋さんで、海鮮丼だけでなく鯛だしを使ったお茶漬けも楽しめるランチタイムは行列ができる人気のお店です。

 

場所・アクセス(神楽坂)

 

「つじ半神楽坂店」の場所はこちら。

最寄り駅の「牛込神楽坂駅」、「飯田橋駅」から徒歩8分程度の場所にあります。

 

店内の様子・混み具合(11時に入店したほうが良い)

 

店内はカウンター席10席程度で、11時の開店から順次席は埋まり、11時15分くらいには満席になります。

 

並ばずに入店する場合には11時のオープンと同時くらいにはお店に行くのが良さそうでした。

 

ランチ

 

メニュー(ぜいたく丼4種類)

 

ランチメニューはこちら。

f:id:tamajirooo:20200212124345j:image

ぜいたく丼が特上から梅まで用意されています。

 

梅でも9種類の魚介類が入ってますので十分海鮮丼を楽しめます。

 

ぜいたく丼(鯛だしも美味い)

 

今回は「ぜいたく梅(1,100円)」を注文。

f:id:tamajirooo:20200212171200j:image

とてもキレイな盛り付け。わさび醤油をかけて頂く魚介はなかなかの美味。

 

どこから鯛茶漬けに移行するか迷うところ。

 

全部海鮮丼のまま食べてしまいそうな美味しさ。

 

周りの人の鯛茶漬けの移行具合を見て鯛茶漬けを注文。

 

味噌ダレ付きの鯛のお刺身を乗せて鯛だしをかけた鯛茶漬け。

 

見た目も変わって新たな2杯目を頂く感じ。

 

鯛だし自体にしっかり味がついており、海鮮丼と違った魚介の味を楽しめました。

 

まとめ(鯛茶漬けにもできる神楽坂の海鮮丼)

 

「つじ半」はこんな感じでした。

  • オープンの11時からほぼ満席
  • ランチメニューはぜいたく丼4種類
  • 1番安い梅でも9種類の魚介を楽しめる
  • 海鮮丼だけでなく、後半は鯛茶漬けで楽しむことができる
  • たまじろーの勝手な評価「★★★」

 

神楽坂に行った際には立ち寄りたい鯛茶漬けも楽しめる海鮮丼が食べれるお店でした。

 

引き続き気になるお店をいろいろ巡りたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

神楽坂の同じビルに入っているとんかつが美味しいお店「あげづき」はこちら。 

www.tamajiro-gourmet.com

 

たまジロー