東京ランチ食べ歩き!

東京近郊の気になるランチ・スイーツのお店巡り

「雲林坊」秋葉原・神田にある痺れる担担麺と麻婆豆腐ランチ

美味しそうなランチスポット巡りが好きな「たまジロー」です。

 

今回は秋葉原と神田の間くらいにある中華料理店「雲林坊 秋葉原店」に訪問してみました。

雲林坊 秋葉原店(ユンリンボウ)

 

「雲林坊 秋葉原店」は、秋葉原と神田の間くらいにある中華料理店で、神田にある「神田雲林」の姉妹店で担担麺が人気のお店です。

 

場所・アクセス

 

「雲林坊 秋葉原店」の場所はこちら。

最寄り駅の「秋葉原駅」から徒歩5分程度の場所の電車の高架下にあります。

 

お店外観

 

こちらが「雲林坊 秋葉原店」。

f:id:tamajirooo:20200326090437j:image

JR高架下の靖国通り沿いにあります。

 

店内の様子・混み具合(夕方も混んでた)

 

店内にはカウンター席10席のみ。

 

今回は夕方18時くらいに訪問しましたが、空いてるだろうと思いきや、ほぼ満席で人気の高さを感じました。

 

メニュー

 

メニューはこちら。

f:id:tamajirooo:20200326090549j:image

汁あり担担麺、汁なし担担麺、麻婆豆腐の3点。 

 

担担麺は「辛さ」と「痺れ」を調整できます。

f:id:tamajirooo:20200326090636j:image

 

汁あり担担麺(麻婆豆腐のほうが痺れた)

 

今回は「汁あり担担麺と小麻婆豆腐かけご飯セット(1,250円)」を注文。

f:id:tamajirooo:20200326090621j:image

 

担担麺は「辛さ」と「痺れ」いずれも普通で注文。

f:id:tamajirooo:20200326090655j:image

透き通るスープが見るからに辛そうなだけでなく、山椒で痺れそうな感じ。  

 

さっそく食べてみますが、辛さよりも山椒の匂いで鼻がツンとする匂いがして痺れのほうが先行して効いてきます。 

 

担担麺で痺れを求める方には良さそうな感じ。

 

続いて、「小麻婆豆腐かけご飯」を食べてみますが、こちらも辛さよりも痺れがすごい。

 

普通の「痺れ」の担担麺よりも数段痺れます。

 

ご飯も進む美味しさですが、痺れすぎて麻婆豆腐の後に担担麺のスープを飲んでも味が薄く感じるほど痺れました。

 

食べ終わったときには汗が吹き出す担担麺と麻婆豆腐でした。

 

まとめ(痺れを求める方に薦める担担麺と麻婆豆腐)

 

「雲林坊 秋葉原店」はこんな感じでした。

  • 夕方の時間もほぼ満席
  • 担担麺は山椒が効いており鼻をつく匂い
  • 麻婆豆腐は普通の「痺れ」の坦々麺よりも数段痺れを感じて汗が噴き出す
  • たまじろーの勝手な評価「★★★」

 

痺れを求める担担麺や麻婆豆腐好きにオススメの中華料理店でした。

 

「雲林坊 秋葉原店」のお店情報はこちら。

※新型コロナウィルスの影響で営業時間が変更となっている場合がありますので訪問前にFacebookで営業時間の確認が必要です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

たまジロー