たまジローの食べ歩き日記

東京近郊の気になるランチ・スイーツのお店巡り

「ハレパン調布店」自然な甘みが美味しいつつじヶ丘の高級食パン

美味しそうな食パン探索が好きな「たまジロー」です。

 

今回は2019年9月に調布にオープンした「純生食パン専門店ハレパン調布店」に訪問してみました。

純生食パン ハレパン

 

「純生食パン ハレパン」は、オリジナルブレンドの小麦粉を使用して作られた純生食パンを販売しているパン屋さんで、食パンにはマーガリン、バター、ハチミツが配合されており、自然な甘みを楽しむことができます。

 

今回は2019年9月に調布にオープンした「純生食パン専門店ハレパン調布店」に訪問してみました。

 

場所・アクセス(調布店は駅から少し遠い)

 

「ハレパン調布店」の場所はこちら。

最寄り駅の「つつじヶ丘駅」から徒歩15分程度の場所にあります。

 

駅からは若干離れた場所にあります。

 

混み具合(予約が確実)

 

今回は平日の夕方に訪問しました。

 

営業時間は11時のオープンから売り切れ次第終了となりますが、この日は夕方16時頃でもパンは残っていました。

 

混み合っている日はもっと早い時間に営業が終了することもあるようですので、電話やwebで予約を受け付けていますので、確実に入手する場合には予約したほうが良さそうでした。

 

購入したハレパンの食パン

 

こちらが購入したハレパンの純生食パン。

f:id:tamajirooo:20200206223125j:image

1本(2斤) 800円(税別)。販売されているのは1種類のみ。

 

一般的な高級食パンと同じくらいの水準のお値段。 

 

さっそく実食。

f:id:tamajirooo:20200206223128j:image

切るのを失敗しました。

 

柔らかくパンの耳も簡単につぶれますので切りづらい(言い訳)。

 

オススメの食べ方として、はじめの一口はそのままちぎって食べる方法が案内されてます。

 

実際にそのとおりに食べてみると、何もつけなくても美味しい。

 

自然な甘みが出ていて食べやすいので自然と食べる手が止まらず、気づけば1斤をあっとう間に完食。

 

他の高級食パンに引けを取らない美味しい食パンでした。

 

まとめ(自然な甘みが美味しい純生食パン)

 

「ハレパン調布店」の食パンはこんな感じでした。

  • 売り切れ次第営業終了ながら平日は夕方まで営業していた
  • 食パンはそのまま食べても十分美味しく、気づけば完食してしまう美味しさ
  • たまじろーの勝手な評価「★★★」

 

駅からは少し遠いですが、つつじヶ丘に行った際には立ち寄りたい高級食パンのお店でした。

 

引き続き気になるお店をいろいろ巡りたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

東陽町にある人気の高級食パンのお店はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

たまジロー