たまジローの食べ歩き日記

東京近郊の気になるランチ・スイーツのお店巡り

「萬來園(バンライエン)」待つ割に普通な大井町の人気チャーハン

美味しそうなランチスポット巡りが好きな「たまジロー」です。

 

今回は大井町にある中華料理店「萬來園(バンライエン)」にランチで訪問してみました。

萬來園(バンライエン)

 

「萬來園(バンライエン)」、大井町にある中華料理店で、夜は高級店として営業してますが、ランチタイムは手頃な値段で美味しいチャーハンが食べれることで有名な人気店です。

 

場所・アクセス

 

「萬來園(バンライエン)」の場所はこちら。

最寄り駅の「大井町駅」から徒歩1、2分程度の場所にあります。

 

駅前商店街沿いにあり屋根もありますので天候が悪い日も訪れやすいのはありがたい。

 

お店外観・混み具合

 

お店はこちら。

f:id:tamajirooo:20190709052934j:plain

開店の12時直後に訪問しましたが、すでに15名ほどの行列。

 

待つこと40分。

 

行列の人数の割に待ち時間が長い。

 

ようやく入店。

 

私が入店した時も後ろに10名ほど並ぶ人気ぶりでした。

 

店内の様子

 

店内はカウンター席11席のみ。

 

半分程度のお客さんが料理を待ってる様子。

 

厨房では店主が中華鍋で激しくチャーハンを作っており、その様子をカウンター席のお客さんたちが見ている感じでした。

 

ランチ

 

メニュー

 

ランチメニューはあるようですが、チャーハンを食べるのが通例なようで、私が席に着いた際には注文を聞かれずチャーハンが作られ続けてました。

 

お客さんによっては入店時点で「エビチャーハン」を注文してましたが、私の入店時点で「エビチャーハン」は売り切れだったようで、チャーハンのメニューは「五目チャーハン」のみとのこと。

 

とりあえず、周りの雰囲気に合わせて「五目チャーハン」を待ちました。

 

そして、私が着席して間もなく、ご飯も入店したお客さん分しかないため、行列となってる順番待ちのお客さんにチャーハン自体が終了して麺類しかメニューがない旨の案内をしており、オープン直後に並んでギリギリチャーハンを食べれる感じでした。

 

厨房では引き続き店主が激しく中華鍋を振り回して「五目チャーハン」を作ってました。

 

調理が店主1人に依存してましたので回転が遅く、入店してからもさらに待つ感じでした。

 

そして入店から20分。

 

順番待ちしてから合計で1時間待ってようやくチャーハンが到着しました。

 

五目チャーハン(具が小さい)

 

こちらが「五目チャーハン(850円)」。

f:id:tamajirooo:20190709052807j:plain

なんだかんだで開店から1時間待って「五目チャーハン」にありつけました。

 

「五目」となってますが、具は小さく見た目はシンプルなチャーハンという感じ。

f:id:tamajirooo:20190709052817j:plain

さっそく食べてみると、噂通りパラパラなチャーハン。

 

味付けは濃くなく、特別な味付けがあるわけでもない、一般的に想像する美味しいチャーハン。

 

チャーハンとしては美味しい。

 

ただ、1時間も待つに待って食べるほど特別な感動があるわけではない。

 

待ち時間の割には普通かなという印象。

 

ちなみに、スープも普通でした。

 

まとめ(待った割に普通かも)

 

大井町の人気中華料理店「萬來園(バンライエン)」はこんな感じでした。

  • 12時のオープンと同時に行列ができる
  • ランチは「エビチャーハン」が人気。次いで「五目チャーハン」が人気
  • 12時過ぎにお店に行くと、ご飯がなくなりチャーハンが食べれないこともある
  • 五目チャーハンの五目は小さい
  • 店主一人で調理してるため回転が遅い
  • 待った割にはチャーハンの味は普通かも
  • たまじろーの勝手な評価「

 

1時間近く待った割には比較的フツーだった「萬來園(バンライエン)」の「五目チャーハン」でした。

 

「エビチャーハン」や他のメニューは今回食べれませんでしたので、今度は「エビチャーハン」にもチャレンジしてみようと思います。

 

引き続き気になるお店をいろいろ巡りたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

たまジロー